猫とホームレス(4)

ボランティア活動

こんにちは!猫大好きnoramieです!
今日は、「猫とホームレス」シリーズ 第4回をお送りします。

ホーダーホームレス事件

それは、2013年の秋のことでした。

以前、河川敷近くの会社の方から、敷地内でお世話をしている
野良猫たちのTNR依頼がありました。
会社の建物の裏側が河川敷に面している為、そのフェンスを
くぐって何匹もの猫が侵入してきてしまうので、なかなかと
キリが無く、一度やっても悪化してやり直した現場でした。
その時の事務員さんから、久しぶりに連絡が来たので
また新入りかしら?と思っていたら、全くの別件でした。

通勤途中の橋の下に、数匹の猫が居るのを発見し
気になって仕事の休憩中に行ってみると、紐に繋がれた猫や
キャリーバックに入れられたままの猫が居て、飼い主であろう
ホームレスに注意をしたが、全く聞き入れてくれないので
説得してくれないかと言う相談でした。

場所を聞いて、他のボランティアさんと一緒に現地へ向かいました。
橋の下の川沿いに、沢山の段ボールが敷かれていて
二匹の繋がれた猫と、ソフトキャリーに入った猫が二匹おり
一応、餌や水は置いてあるものの酷い有様でした。
ご本人は不在だった為、周囲のホームレスさん達に
聞き込みしてみると…最近になって突然フラッと猫達を連れて
現れ、勝手に住み着いたらしく親しくはないと言う。

猫とホームレス4/2

しばらくすると、本人が帰ってきました。
まだ30代位の男性で、ホームレスには見えません。
何故こんな飼い方をしているのか?
紐が絡まり、猫達が水や餌に届かないし、秋とは言え
9月頃だったので炎天下では、かなり暑くなってしまう。
そう助言しても、こうしておかないと逃げてしまうからと言う。
不妊手術をしないと増えてしまいますよ、と言っても
お金はあるから、いくらでも何匹でも飼えると豪語する始末。

一緒に同行してくれたボランティアさんも呆れて
「彼、話は通じるけれど、どこかオカシイわね。」と
一旦引き上げました。その後、気にかけて、すぐにまた行ってくれた
そのボランティアさんから、また仔猫が増えていると連絡があり
仔猫用のミルクとフードを差し入れたが、ちゃんと世話して
いるのか心配だと…再度訪問すると確かに、その通りで
里親探しも提案してみましたが、逆ギレされ、断るの一点張りでした。

さすがに、これはマズイなと感じ、相談者へ状況を報告すると
怒り心頭で、自分で猫達を保護すると言い出しました。
とりあえず冷静になって、保護先の確保や費用について
話し合い計画を立て、保護する時は、危険なので、
絶対に一人で行かない様に念を押しておきました。

ドタバタな保護と里親探し

相談者さんは約束通り、会社の同僚男性に同行してもらい行ったのですが
怒りが冷めやらない状態だったので、当然話し合いは決別しました。
そして、警察に通報し、すったもんだになったそうです。(*■*;
警官を見て、焦ったホームレスは、猫を抱えて逃走しましたが
途中でリードを放してしまい、しばらく戻らなかったそうです。

相談者さんは、警察に事情を説明し、猫達を保護し、
予定通りに紹介した動物病院へ搬送してくれました。
後日、私も猫達の状態の確認と里親探しの為の写真を撮るべく
病院へ行くと、思っていた以上に健康状態が悪く
治療とケアが必要だったので、しばらく入院する事になりました。

猫とホームレス4/3

そんな中でも、救いだったのは保護された猫達が
みんな人慣れしていて可愛かった事と、相談者さんが
真面目に里親探しをして下さった事でした。
人慣れしていたのは、おそらく空き缶集めに行った先で
簡単に捕まる猫を拉致していたからだと思われます。
譲渡会も率先して参加してくれたので、全面的に協力し、
お陰様で素敵な里親さんが決まって行きました。

その後、元の場所から、かなり離れた場所でポツンと
テント暮らしをしていた彼を心配した数名の優しい
ホームレスさん達は時々様子を見に行っていました。
そんな中、またしても事件は起きてしまいます。

拉致を繰り返すホーダーと猫の運命

最初の保護時に、リードを付けたまま逃げた猫の事が
気になって捜索していたら、高齢のホームレスさんから
彼が、また猫を捕まえてきている様だと情報が入りました。
気持ちがざわついて、私は彼のテントへ急ぎました。
幸い留守だったので、閉じ込められていたソフトキャリーの
入り口の網の部分を持ってきたカッターで、斜めに切り裂き
あたかも猫自身が爪で引っ掻いて破き、脱走したように
見せかけて救出しました。

そして、上着で猫を包み抱えて、帰り際に、彼と鉢合わせしないか
ドキドキしながら急いで、ホームレスさんの小屋へ走りました。
小屋で餌と水を与えると、しばらくずっと水を飲んでいました。
包んでいた上着も異常に臭く、キャリーの中でこぼれた水や
自分の排泄物で汚れていたのだと気が付きました。

猫とホームレス4/1

作戦通り、本人は猫に逃げられたものだと認識していました。
その後も懲りずに、何処からか捕獲器を調達してきて猫を
捕まえて来たのですが、その猫を救出した後、相談者さんが
無謀にも一人で捕獲器を盗んで処分したと言っていました。コワッ!

その事件当時、その地域を担当していたボランティアさんが
ご病気で長期入院していた為、報告出来ておらず、退院後に
事情を説明し、もう猫を連れてこない様にきつく説教してもらいました。
それまでにも、ホームレス支援の為に巡回している
ボランティアさん達に、お願いしてみましたが
個人的な事だからと対応してくれませんでした…(._.)
そして、とうとう空き缶集めのテリトリー争い?で
他のホームレスさんと衝突・問題を起こし
結局、その場も追放されてしまったのです。

そして、時は経ち、ごく最近のことです。
ある方からメールをいただきました。
あの時、救出した猫が怪我で保護されていると言うのです。
写真を見せていただいたら、間違えなく、あの子でした!
怪我は大したことなく、年齢の割にはとても元気だったので
地域のボランティアさん宅で預けられて、まもなく里親さんも
決まったと風の便りで聞きました。
関係者の皆様、本当にありがとうございました。

猫とホームレス4/4

当時、去勢済みの成猫でしたから、もう10歳位でしょうか。
いつも保護猫で満員だったので、家で保護出来なかった無念と
こんな強面なんですが、呼ぶと駆け寄ってくる可愛さから
時折、差し入れを持って会いに行っていたので覚えていました。

本当に、生きていく先にどんな未来が待っているのか
誰にも予想は出来ないんだけど、願わくば、それが
幸せなものでありますようにと祈らずにはいられません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました