猫とホームレス ⑵

ボランティア活動

こんにちは!猫大好きnoramieです!
今日は、猫とホームレスさんのお話シリーズの2回目となります。

絵の上手なホームレスさん

当時、橋の下には沢山のホームレスさん達が住み着いていました。
最初に知り合った橋のたもとのホームレスのおばちゃんから
頼まれたのは、その橋の下の小屋に住んでいる
男性ホームレスさんの猫達の避妊去勢手術でした。

一度、三毛猫が出産してしまい、その時は5匹くらいで
みんな、おじさんには懐いていました。
当時、お世話になっていた愛護団体に相談し
手術日の予約をしてから、前日に小ケージを匹数分
運んでおき、それぞれ中に入れておいてねとお願いしました。

愛護団体の方が送迎してくれて、格安で処置もして貰えました。
術後、猫達の様子を見に行くと、みんな元気に回復しており
おじさんは、とても喜んで「本当に助かったよ、ありがとう。」
と言い、何もお礼が出来ないけど、と数枚の紙を渡してきました。
そこには、とても写実的なタッチで描かれた、美空ひばりさんなどの
鉛筆スケッチでした。聞けば、昔、映画の看板を描く仕事を
していたとの事で、なるほどー上手い訳だと感心したものです。

撤去命令と新しい環境

しばらくして、橋の耐震工事が始まるため
橋の下の不法建造物を撤去する様にとの命令が
管轄の行政と工事業者から貼り紙されました。

そこに住んでいたおじさんも必然的に退去せざる負えず
少し離れた川沿いに、集めて来た廃材で新しい小屋を
作り始めました。しかし猫達が、元の場所から
中々離れようとしないため、少しずつ餌場を
川方向へずらしていき移動させました。
徐々に工事は進んでいましたが、現場監督に
事情を説明し、猫達に危険の無い様に努めました。

猫とホームレス2-1

やっと新しい小屋に移動し落ち着いたおじさんと猫達でしたが
その後、おじさんは生活保護を受けて、近くの簡易旅館の様な場所に
住めることになり、毎日、猫達の世話に通う事になりました。
猫達の餌や住処の心配はなかったのですが、元々その辺りに居たり
流れてくる猫や野生動物などとの喧嘩で怪我をすることもあって
おじさんには、よく薬を頼まれて持って行きました。
ついでに、近辺を片付けたり、猫達に餌の差し入れしたり
寒い時は、使い捨てカイロなども、そっと置いていました。

たまに、おじさんに会える時もあったので
猫の話や世間話をしたりもしました。
ある日、いつもの様に小屋を訪ねると
1枚のメモに、
「○/○~○/○まで、検査入院の為、猫のお世話を頼みます。」
と、書かれていました。おじさんは酒飲みで、
どうやら体調を崩した様でした。そんな事が度々あり
その間は代わりに、毎日お世話に通っていました。

おじさんの引っ越しと猫達の運命

それから、おじさんは復活して元気になりました。
元々、自分のパトロール範囲外だったせいもあって
安心して、しばらく足が遠のいていました。
そんなある日、おじさんが声をかけて来て
住んでいた簡易旅館が老朽化の為、取り壊すことになり
福祉関係の人の紹介で、大分離れた場所のアパートに
引っ越すことになったと言う話でした。

しかも、お気に入りの猫を、知らない内に
一匹だけ簡易旅館に連れ込んでいたのでした。(-_-;)
かなり長期間、室内で暮らしていたその猫を
また元の場所に戻そうとしていました。
私は、何の相談も無しに勝手な事をするおじさんに
一瞬、腹を立てましたが、時の流れに翻弄される彼らに
全ての責任を負わせることは出来ないのだと悟りました。

その後、気になって、またその場所に通う様になりました。
引っ越しても、おじさんは時々来ている様子でした。
ある時、あのお気に入りの猫の具合いが悪いと連絡があり
急いで様子を見に行きましたが、病院へ連れて行く時間が取れず
残念な事に、翌朝亡くなったとおじさんに聞かされました。

猫とホームレス2-2

それからというもの、おじさんは滅多に小屋に訪れなくなりました。
幸いなことに隣にもう一人、猫好きのおじさんが移り住んで来ており
その残された子達の世話をしてくれることになりました。
実は、そのおじさんも以前、橋の下に住んでおり
棄てられた猫達の世話をしていたので、流れでケアをして
あげた経緯があった為、顔見知りでした。

ご自身も老猫2匹を飼っていたのですが、その子達は老齢で
民生委員?の方が引き取ってくれていました。
そのおじさんは、とても優しく律儀な人でしたが、
ちょっと頑固な所もあったので、中々ホームレス生活から
抜け出せない感じで、転々としていました。

ある日、世話をしていた一匹が具合いが悪いと連絡があり
前回の猫を助けられなかった後悔もあったので
急いで、近くの病院へ連れて行きました。
その時は、大事には至らなかったのですが
歳を取って、最終的には、病院で最期を迎えました
心臓に大きな腫瘍があったそうで、猫には珍しい症例
だったので、検体をしてから供養しました。

丁度、今日、栃木のホームレス襲撃事件の裁判が
ニュースになっていましたが、本当に心が痛みました。
実際に、そうしたイタズラをされたり、トラブルで
怪我をした経験のあるホームレスさんもいたので
余計に気になる悲しい事件でした。
猫のボランティアをしていなければ、私もきっと
河川敷の猫達やホームレスのおじさん達と
知り合う事はなかったでしょう。

人は、偏見や己の価値観で他人を測りがちです。
だからと言って、社会的弱者の人達の
暮らしや命を奪って良いわけないです。
人も猫も、懸命に生きているのだから、
そっとしておいて欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました